【痩せる】ダイエット効果が期待できる数少ない成分とは! 入らなかったスカートのサイズが入るようになった!











ぽっこりお腹のウエストが、入らなかったスカートのサイズが入るようになった!


ダイエット効果が期待できる数少ない成分とは!


1518685620449.jpg

ラクトフェリン 内臓脂肪分解

・胃酸で溶けない
加工させたラクトフェリンが、直接腸に届いて、
効果が高い。

ノンコーティングのラクトフェリンは、
胃酸で溶かされ分解されてしまうので、
内臓脂肪を分解する効果は極めて低い



【腸溶性、耐酸性】

通常ラクトフェリンを経口摂取した場合、胃で消化せず、
変質しない状態で腸に達する可能性はほとんどありません

胃の中でのラクトフェリンの半減期は7~8分と言われており、通常食物は胃に2時間以上滞留します。
計算するとラクトフェリンは0.0001%以下しか残存しないことになります



なので「 腸溶性 」を選ぶと良いです。
カプセルやコーティングが、胃の中で耐えて腸で溶けて、
ラクトフェリンが直接腸内で解放されるからです。


1518685626963 - コピー (2).jpg
↑このサプリは一例です。


1日の中でお継続的にラクトフェリンが体内にある状態にするのであれば、
1日3粒とされていても、一気に摂取するのではなく、
1粒×3回で1日分という形でわけて接収する方がラクトフェリンの効果が
最大限発揮されると考えられるのです。

食前食後を避けて、1日3回を目安に摂取するとなると・・・

朝10時
午後15時
就寝前


【実験結果レポート引用】
実験の間は、被験者は運動や食事制限を行わず、
普段と同じ生活にラクトフェリンタブレットを加えるだけで、
お腹の周りの余分な脂肪を減らすことに成功したのです。

被験者の1人は、二か月間の間で内臓周りについた脂肪を約4割も軽減させることに成功しました。
この実験で判ったのは、ラクトフェリンには脂質代謝を向上させていく作用があるということです。

【痩せる】ぽっこりお腹のウエストが、
入らなかったスカートのサイズが入るようになった!

【内臓脂肪が減る】
ラクトフェリンは、腸の周りに蓄積した脂肪(内臓脂肪)の分解を促し、
さらに新たな脂肪の合成を抑える効果があることが「ライオン」の研究から分かってきています。

ラクトフェリンには、溜まった脂肪を分解する働きがあり、
さらに新たな脂肪の合成を抑える働きがあります。
そのため、ラクトフェリンを継続して飲むことで、
太りにくく痩せやすい体質になります。


【便秘に悩んでいる方】
ラクトフェリンには、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす、
いわゆる腸内環境を整える働きがあります。
腸内環境が良くなると、老廃物や毒素がきちんと排出されるようになるため、
スムーズな便通が期待できます。

【摂取量】ダイエット効果を早めるには
1日300㎎の摂取が目安ですが、お通じや体調に応じて
倍の600㎎以上を摂取される人も多いそうです。


【服用のタイミング】
1日のうちで最も腸からの吸収率が良い就寝前と言われています。

また、1日3粒を3回に分けて服用するのもおすすめです。
その際、食前などの空腹時であれば、より吸収率が高まります。

【牛乳アレルギー】
ラクトフェリンは乳由来成分のため、
牛乳アレルギーの方の服用には注意が必要です。

とのレポートでした。

確実性が、かなり高いですね♪



竹虎でした。

この記事へのコメント