WSR-300HP/N 中継器を使うには。 WPSボタン


WSR-300HP/N 中継器を使うには。 WPSボタン

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N の「WPSボタン」って何だ?

Wi-Fiの電波範囲拡張するため、
TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps 11ac対応 3年保証 RE200 を購入。

その中継器とWi-Fiを同調する必要がある。

それでWi-Fi側のセキュリティを2分間だけ解除して、
中継器などに同調させる「WPSボタン」ってヤツを押す訳です。

でも、 BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N に、
その「WPSボタン」が見当たらない!

あれっ?! どこだろう…。

実は、 BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N の場合、
表側の「AOSS」って印字のある、赤色の横長のボタンが
どうやら ソレだった。

1513245196359.jpg


【操作のやり方】
※2分以内で行う。

①まず電源onを双方確認して、先にBUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N の
「AOSS」のボタンを押しながら、LEDランプが点滅する事を確認する。
②次にTP-Link中継器のWPSボタンを押す。
③同調(接続)完了。

これだけです。 

誰でもスグ分かるので、
自宅Wi-Fiで、
通信料タダで、PCやスマホやタブレットなど楽しみましょう。

スマホやタブレットなどは、設定から
Wi-Fi検索して、タッチでOKです。

1513333964557.jpg

同調以降、TP-Link中継器の電源を切っても、
再度電源ONすれば、
何度でも再設定は必要ありません。

この記事へのコメント