食事制限・運動はしたくない!【トマトのチカラ】 リコピンと抗酸化  ダイエット 老化防止 


【トマトのチカラ】 リコピンと抗酸化  ダイエット 老化防止 


美しくやせるためには、毎日どれくらいのリコピンを摂取すればいいのでしょうか。数値としては、
リコピンは1日15mg摂取してください。これをトマトに換算すると、
やや大きめのトマトで2〜3個分になります。最近は年中トマトが手に入るとはいえ、
毎日食べるのは少し大変ですよね。 そこでトマトジュースの出番になるのですが、
メーカーによってリコピン含有量には違いがあります。
購入する際には成分ラベルをよく確認するようにしてください。


トマトなどに多く含まれている赤い色の成分で、リコペンと呼ばれることもあります。
抗酸化作用が強いことが特徴で、その作用はビタミンEの100倍以上とも言われています。
そして油に溶けやすいという性質もあります。
お母さんのへその緒の血液や母乳にはリコピンが含まれているのですが、
体内では作り出せず摂り続けないと減っていってしまいます。

リコピンには、血中の中性脂肪を減らす効果があります。悪玉コレステロールを減らす効果もありますので、
カロリー代謝を高めてやせやすい身体にしてくれます。

また、リコピンは抗酸化作用も非常に高いので、あらゆる生活習慣病を防ぐ効果も期待できるのです。
リコピンが含まれている食品は、各種ビタミンや食物繊維が含まれているものが多く、ただゲッソリとやせるのではなく、非常に健康的に美しくやせることができるのです。

成長ホルモンは別名「痩せるホルモン」と呼ばれ、脂肪の分解や代謝を上げる効果があります。
トマトは、そんな成長ホルモンの分泌を助けるビタミンやミネラルが豊富なのです。

成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されない物質のため、
夜にトマトを食べると分泌が促されてダイエットに効果があります。


リコピンの効果・効能

リコピンの効果・効能は強力な抗酸化力から得られ、
血糖値を下げる,動脈硬化の予防,喘息の改善,美白効果,ダイエット効果などがあると言われています。

また基礎研究レベルですがリコピンにはLDLコレステロールの酸化防止があると期待されています。

リコピンの効果的な取り方とサプリメント

リコピンは脂溶性のため生のトマトを単独で食べるより、
サラダにしてドレッシングをかけたり調理した方が吸収率が良くなります。
リコピンの摂取量の目安は1日15mg-20mg程度です。大きめのトマト1個のリコピン含有量は7-8mg程度なので、
トマト2個で約15mgのリコピンが摂取できます。

リコピンのサプリメントはリコピン単独ではなく、
ルティンやβカロテンなどのカロテノイドが配合された製品が発売されています。

1510569676860.jpg


食事制限・運動はしたくない!!そんな方にオススメなのがトマトダイエットです。

トマトダイエットは文字通りトマトを食べるだけという簡単な方法なので、今日から気軽に始めてみましょう。

実はトマトにはダイエットに効果を発揮する成分が多く含まれています。

多くの方が「運動しないと痩せられない」「食べたいものは我慢しないと」と思っているはずです。

しかし「辛い運動はしないでいい」「食べたいものを好きなだけ食べていい」というダイエット方法があるとしたら、それでもあなたは長続きしない無理なダイエットを続けるでしょうか。

そんなうまい話があるか…!! おそらく多くの方がそう思うでしょう。しかしダイエットに
必要な栄養素とコツさえつかめば辛い運動や食事制限を行わずとも痩せられるというのも事実なんです。

という事でここで紹介するのは“トマトダイエット”です。トマトダイエットは文字通り
トマトを食べるだけのダイエット法ですので、どなたでも気軽に今日から始められるダイエットです。
何度も言うようですが辛い運動や食事制限は必要ありません。

トマトの有用成分は加熱しても成分が壊れることはないので、生だけでなく、
煮込んでも大丈夫なところが嬉しいですよね。

さらに継続してこの成分を撮り続けることで中性脂肪が減少し、
脂肪燃焼を助ける働きをするタンパク質の増加や、エネルギー代謝そのものが向上するという
驚くべき効果・効能もあるのです。

急激に減量するというダイエットとは少し異なりますが、
体の中から少しずつ健康体に導いてくれるダイエットです。よく言われる「痩せやすい体」のためのものですね。

なぜトマトを食べてダイエット効果が得られるのでしょう。
それはトマトに含まれる多くのビタミンやミネラルが、ダイエットに欠かせない
成長ホルモンの分泌を促進させるためだと言われています。

成長ホルモンが分泌されるのは寝ている間、
特に22時~明け方2時の間が最も分泌されている時間とされています。
(可能ならこの時間内は寝ているほうが美容効果は高いということです)

この成長ホルモンの分泌に必要な”ビタミン”や”ミネラル”が多く含まれる食物がトマト。

トマトを夜食べることで成長ホルモンが分泌が増え成長ホルモンが増えれば代謝を上げることができ痩せやすい体を
作ることができます。

脂肪酸

またトマトに含まれる脂肪酸には中性脂肪の分解を助ける働きがありますので体の中にたまった
中性脂肪の蓄積を防ぐことによりダイエット効果に期待ができます。いわゆる脂肪燃焼効果ですね!!

以前、京都大大学院の河田照雄教授らの研究グループがトマトの実とジュースの成分を精密に分析したところ、
この脂肪酸は脂肪の燃焼を最も活性化させる成分として、
不飽和脂肪酸のリノール酸に類似した物質を特定しました。

つまりそれは血液中の脂肪増加を トマトダイエットのポイントとしては生を食べるというわけではなく
どんな調理法でも良いので夜にトマトを摂取すること
継続は力なり! 即効性はありません! ですが3ヶ月以上続ければ確実に結果が出る
トマトジュースでもケチャップでもトマトソースでもミートソースでもとりあえずトマトが含まれているものなら
何でも良いそうなのでトマトが苦手な方は 
ミートソースやケチャップ等からトライしてみるのも手かもしれません。

夜の食事にトマトを取り入れる

トマトダイエットは夜寝ている間に成長ホルモンを分泌させるのを助けることと、
新陳代謝が低下している寝ている間に中性脂肪が蓄積しないようにすることが最大の目的です。

よって夜の食事にトマトを取り入れるというのが最も効果が期待できる方法だと言われています。
夜にトマトを食べて体内に蓄積される脂肪分をトマトの成分で分解、消費させていくことが肝要ですね。

ですが、 脂肪燃焼効果はどの時間帯にトマトを食べても変わりませんので、
可能なら夜に摂取した方が効果が高いということです。

トマトは1日2個まで。

ミニトマトの場合は1日に約15個~17個を目安にしてみることをおすすめします。

3ヶ月取り組んでみる

ルール上は最低3カ月ですが、東洋医学の考えでいきますと、人間のサイクルは半年と言われています。
(例えば爪の生えかわりなど)

6カ月続けることができると、
習慣になるといわれていることから最低3カ月と言わずに半年続けることで体内改造をし、
さらに習慣にすることでダイエット以上の効果を得ること間違いありません。


トマトダイエットは寝ている間に成長ホルモンを分泌させ、体内に蓄積された
中性脂肪を分解させることがそもそもの狙いですから、睡眠時間は大いに摂ることが必要です。
睡眠不足にならないように心掛けたいものです。


トマトに多く含まれるリコピンはカロテノイドの一つです。カロテノイドは、ポリフェノールと並んで代表的な
「抗酸化物質」の一つです。抗酸化作用とは、酸化を抑制する作用です。

老化は体内の酸化が促進されることによって早められます。カロテノイドは、
体内に入り細胞の代わりに酸化されることによって、細胞の老化を防止する効果があります。

なかでも、リコピンはカロチンの2倍、ビタミンEの100倍もの強い抗酸化作用があり、
アンチエイジング効果も期待できます。

血液ドロドロの原因である悪玉コレステロールは、中性脂肪などが原因で増えているのですが、
リコピンはこの悪玉コレステロールを除去する作用もあります。その結果、血液がサラサラになり、
新陳代謝が高まることで痩せやすい身体に変わるのです。

また、寝る前にトマトを食べることによって、別の効果もあります。

夜は運動機能も低下しますし、消化機能も落ちてしまいます。つまり夜にたっぷり食べ過ぎてしまうと、
いろいろなものがすべて体内に溜め込まれてしまうのですが、夜にトマトを食べることによって、
それをリセットすることになるのです。

リコピンは油溶性のため、そのまま食べるよりも油と一緒に摂取すると、吸収が高まります。
また、加熱することで細胞膜が壊れリコピンの吸収率が更にアップします。リコピンを効果的に摂るには、オリーブオイルでトマトを炒めて食べるのがオススメです。


成長ホルモンは別名「痩せるホルモン」と呼ばれ、脂肪の分解や代謝を上げる効果があります。
トマトは、そんな成長ホルモンの分泌を助けるビタミンやミネラルが豊富なのです。

成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されない物質のため、
夜にトマトを食べると分泌が促されてダイエットに効果があります。

トマトダイエットは、内側から働きかけることによって、効果が出るダイエットです。
体重減少効果は1週間ほどであらわれ、1ヶ月で5キロ減る人もいます。

10キロの体重減も夢ではないのです。一つの食べ物ばかりを食べ続けるダイエットとは違い、
他の食べ物には制限はないので、ストレスを感じさせることがありません。
これを機会にいいことばかりのトマトダイエットを初めてみませんか?

リコピンの効果・効能

リコピンの効果・効能は強力な抗酸化力から得られ、血糖値を下げる,動脈硬化の予防,喘息の改善,
美白効果,ダイエット効果などがあると言われています。

また基礎研究レベルですがリコピンにはLDLコレステロールの酸化防止があると期待されています。

リコピンの効果的な取り方とサプリメント

1510569670773.jpg


リコピンは脂溶性のため生のトマトを単独で食べるより、サラダにしてドレッシングをかけたり調理した方が
吸収率が良くなります。リコピンの摂取量の目安は1日15mg-20mg程度です。
大きめのトマト1個のリコピン含有量は7-8mg程度なので、トマト2個で約15mgのリコピンが摂取できます。

リコピンのサプリメントはリコピン単独ではなく、
ルティンやβカロテンなどのカロテノイドが配合された製品が発売されています。
最近ではリコピンを主成分とするサプリメントが増えてきました。

1日単位で見れば食べ物やトマトジュースからでも充分な量のリコピンを摂取できます。
しかし、その量を毎日続けてとるのは飽きが来たり、経済的にも結構大変です。
リコピンのダイエット効果や美肌効果、抗酸化を期待するならリコピンのサプリを毎日摂るようにして、
日常生活の中でトマトやトマトジュースをプラスするのがオススメです。

リコピンと抗酸化

リコピンの働きは強力な抗酸化作用です。人間の体内では一定の割合で活性酸素が発生しています。
活性酸素とは酸化力が強い酸素のことで、触れた体内の組織を錆びさせてしまいます。
活性酸素による錆は動脈硬化をはじめ、身体に様々な悪影響を与えます。

活性酸素の発生原因はストレスや喫煙,飲酒,電磁波,紫外線,食品添加物を食べたとき,
排気ガスなどさまざまです。

健康を害する根本的な原因とも言える活性酸素を消去する物質を抗酸化物質と言います。

代表的な抗酸化物質はビタミンC,ビタミンEの他、リコピンやアスタキサンチン,カテキン,
ポリフェノールなどです。

活性酸素が発生したときに体内に充分な抗酸化物質が存在しないと、体内の至る所が錆び付いてしまいます。
リコピンは脂溶性なので主に細胞膜に存在し、細胞が活性酸素に攻撃されるのを防いでいます。

またリコピンの美肌効果も最近注目されていますが、これもリコピンの持つ抗酸化力からきています。
紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、シミやシワ,たるみの原因になります。
またリコピンはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。
リコピンの美肌,美白効果は抗酸化とチロシナーゼ抑制の2つの働きからきています。

リコピンのダイエット効果や美肌効果、抗酸化を期待するならリコピンのサプリを毎日摂るようにして、
日常生活の中でトマトやトマトジュースをプラスするのがオススメです。



この記事へのコメント