バカ = 人がよい 人が良い お人よし



「人がよい」と、人から言われて喜ぶ事ではない。

「人が良い」と、人から言われて喜ぶ事ではない。


【人がよい】
・「人が良い」とは、ホメ言葉じゃない。

・丁寧に「お前はバカだ」って言葉。

・「付ける薬が無い」ってのと同じ。

・「死ななきゃ治らない」ってほど、手がつけられない。

・同情や温情、慰めとかで、
嫌われ者の味方になっても
バカを見るだけ。

・友情も、利益があってこそ
成り立つ心情。 
無益な友情ほど利用されてバカをみる。

・人の代わりにケンカしても、結局責任や嫌われ者になるバカ。

・損して、それだけで済むバカ。

・カッコつけて、一人で責任を負うバカ。

・殴られっぱなしのバカ。

・短気はバカ。

・気長なバカ。

・あわてるバカ。

・人の迷惑を考えないバカ。

・私は「愛されている」と、自信満々なバカ。

・コワイ者知らずのバカ。

・命知らずのバカ。

・人を信じるバカ。

・どこかの「神」を信じるバカ。

・期待するバカ。

・頑固な者、バカ。

・つらぬき通すバカ。

・嫌われ者のバカ。

・人に教えるバカ。

・トップに立つバカ。

・お金を出すバカ。

・いばるバカ。

・勉強ができるバカ。

・高学歴のバカ。

・よくシャべるバカ。

・多数と少数、少数に付くバカ。

・欲しい物がたくさんあるバカ。

・食べてばかりのバカ。

・動かないバカ。

・自分を粗末にするバカ。

・お利口なバカ。

・火で遊ぶバカ。

・おせっかいなバカ。

・人をバカにするバカ。

・人から借りるバカ。

・断れないバカ。

…それら以上に、
「人が良い」の代名詞となる
バカを取りあげてみましたが、
世の中は、弱い者が絶対に負ける訳で、強い者・多勢・大勢には勝てない事になっている。


スナップショット- 37 (2).png


それが正義でも、多数には勝てない。

死んだら終わりです。

そう。 そんな一般的な
お人好し」の、人が良い人は、不幸の渦中に位置し、
そんな「いけにえ」に自らなる人に助言をする者もいません

「いけにえ」がいなくなると、
新たな「いけにえ」が必要になり、その「人が良い」人が、真実を悟るがありえぬ様に、世間はストレートに「バ~カ」って、言わないのです。

バカにバカをやらせておけば、
その「お人好し」がいる限り、
その他の人が「平和」だからなのです。

そして「用」が済めば、お払い箱(ゴミ箱)。
そう、「いらない」のです。

世の中とは、いかに「他人」より得するか、ハッピーになれるか?ってコトの「欲望」だけで生きていく人ばかりです。

他人が「私」を抜いて行くなんて、許せない事だから、その時の保険に「お人好し」を利用するのです。
そう、「人が良い」人。

あの人も、この人も、全部そうです。 人が良い人を利用するんです。

だから人が良くなってはいけません
最後はバカを見るだけですから


もし、人が良い「お人好し」が
このコンテンツを読んでいたら、
人の物を利用する人や
前歯の無い人
自分の物はピカピカにする人

には、注意する事ですね。

逆に、新しい物などを教えてくれる人は、きっと人脈も豊かなので、良いお付き合いができそうですね。

でも、人は「裏切る」生き物なので、
心底、信用してはいけませんね。

バカを見る事になりますよ。


この記事へのコメント