がんばれ 小池百合子 !



勝負は「時の運」と言いますね。
俺は、衆議院投票は希望の党へ入れましたよ。

1508812837007 (2).jpg

地元では有名な自民党の平沢さんが対戦だったので、
厳しい選挙だなぁ と、思いましたが、
1に、自衛隊の「戦争」参加は、正直「イヤ」ですからね。
憲法改正にあたり、北の拉致問題や核兵器問題なども、
見ないフリはダメですが、
自衛隊法でもある「有事の場合」や「直接的又は間接的な侵略」等について、
総理大臣の命令があれば、自衛隊は敵に対して武力行使ができるはずです。

拉致被害でも、それを理由に捜査や武力行使、
国連との共闘で、いけるハズですが、
総理大臣のソノ「一歩」が
前に出ない←が、憲法改正後も変わらないように、俺は思えます。

つまり、つねにアメリカの傘下のように見えて、
北に拘束され拷問されているアメリカ人救出が優先されて、
拉致されて約40年もの間被害に合われている
横田めぐみさん他沢山の人びと達は、
日本がグイグイ行かなければ救出はできないように思えます。
(拉致被害されているご家族には、大変残念と思いますゴメンなさい)

日本が、やる気なら、もうとっくに北とは戦っても、
「本気」な態度で「有事の場合」として、
やれた事だと思うんです。

それが現在アメリカ人が、北に拘束されて拷問されて、
そのアメリカ人が帰国後死亡された事と核兵器 
火星14号ミサイル等開発実験を理由に、
また中国が出るか出ないか?
をアメリカが協議して、
北対国連 又は北対日米となったとしても、
更に、自衛隊が強く優秀であっても、
アメリカを「援護する立場」は変わらず、
拉致された日本人いる「北」に対して、
北領土攻撃が開始となると、残念ながら強く思います。

それは、第二次世界大戦の日本の敗戦で、
アメリカこそ日本から大和魂を奪い取って、
憲法すら書き換え、元々そのアメリカ仕様の憲法の改正など、
アメリカ抜きでは出来ないからです。

だから、拉致問題が起きた時に、
そのアメリカが動くべきでしたが、その約40年間かけて、
悪のテロ国家「北」やコピる一部の東南アジアを野放しにして、
北の資源欲しさの「欲」も混ざって、
ここまで育ててしまった…と、俺は思う。

更に、金斬首作戦遂行後、しばらく国連の監視下になるが、
資源を欲しがる一部の東南アジアに北を任せる「条件」は、
対北戦を言わば「黙認」してねって事の「報酬」と
俺は考えるからだ。

だから、現在「共産党大会」での現政権が任期継続するかの結果待ちで、
緊張状態なのは「北」の独裁者「金」の方なんだと俺は思う。

それら、猿でも分かる「憲法改正」とその財源となる
2は、「消費税引き上げ」は、
結局アメリカの為の「仕組み」なので、
俺は納得できなかった。

総選挙の結果、予想通りに自民党が勝利し、
自公合わせて2/3の憲法改正の議席数を取った。

それが国民が出した「答え」であり、
希望の党がどうだとか、立憲がどうだとか、
そんな事は関係無いって事だろう。

メディアも、自民党の某参議員のオシャベリには耳を向けず、
相変わらず操作された内容での報道色。

安全であるはずの自衛隊が、
これから戦死もあり得る自衛隊になる。
その遺族となるご家庭への、尊い「命」の代償は、
更なる増税の大義名分となるだろう。



そして、徴兵制が始まり、
その為の少子化ならぬ
「多子化」をはかって、一割超える増税も、近い将来的に課税され、
ブラック企業がはびこる中、稼げない社会となり、
更にサラ金企業システムが親である銀行を支え、
必然的に国は個人の財産を潰して奪って行くのだろう。

消費税20パーセントの増税だって今後あり得る話しだ

そうなっては困るから、
俺は希望の党へ入れました。

他の意味での憲法改正の党にも
期待はしていますが、
都知事でもある小池百合子氏が建てた「希望の党」が、
本当の意味での「命」の安全安心を響かせて欲しい。

希望の党が、大敗したと思っていない有権者もいるんです。

ガラスの天井とか鉄の天井じゃなくて、
現実を見て発言して欲しい。

希望の党は50議席。
スゴい数ですよ。

今度は、国会を更に透明化させて、
国民の「声」を風にして、
「国民の希望を法律化する」
で良いじゃないですか。

大臣だって、二足の「わらじ」は有りますよ。

反省は誰しも必要ですが、
落ち込む事は無いって事です。

50議席、スゴいじゃないですか!



特に地方の有権者達が、
希望の党へ期待してます。

2点が問題なんですよね。

次へ行きましょう。




この記事へのコメント