【予想】衆議院選挙 笑う党は 誰が笑う!   





【予想】衆議院選挙 笑う党は 誰が笑う!

自民党安部政権が、いきなり解散した理由と、
きたる衆議院選挙での勝者を、何となく予想してみた。

画像346.jpg


【解散理由】
安部政権の解散は、チャンスだった。

様々な問題を残して行った、旧都知事から古池都知事が誕生し、
小池都知事の仕事は、旧都知事らが残した
豊洲 築地問題や保育所 他などと、オリンビック等の進行だ。

特に豊洲築地問題では、議事録が出て来なく、
また発ガン物質の対策に都議会(自民党)は協力的ではなく、
逆に抵抗勢力にも見えた。
弁護士でもある小池都知事は、
根拠となる議事録等が無い為、
旧都知事らと同じやり方では、
同じ道を歩く危険性から
「透明化」と称してマスコミを利用し、
都民へ現状をストレートに伝えた。

つまり、都議会対都民となり、
その先頭に小池都知事が立つ構図となった。

小池都知事の支持率は右肩昇りで、
様々な不祥事を明らかにされた都議会は、
解散し都議会選挙となり、
小池都知事が組織する都民ファーストが
圧倒的に都民から支持され、選挙は圧勝した。

マスコミを利用した透明化した都政は、
豊洲・築地等の移転問題に直接関係する「都民」より、
旧都知事から成る「残された大問題」を
解いている小池都知事を理解し支持する
「都民」の数が圧倒的で、その都民から理解を得ている、
小池都知事のその時の「生きざま」に、
都民は注目して支持し、その人気は確実に「小池旋風」となって、
食の「安心安全」を譲れない「正義」として、
時間を進めた。

その時間は、豊洲築地問題等に関わる「都民」をイラつかせるが、
その原因は全て自民党・旧都知事等からの「残された大問題」として、
その都民を納得(大多数)させた。

小池都知事と、マスメディアを通した、
その証人となる都民が一弾となった結果だった。

国政では、不倫問題や疑惑問題、パワハラ等の「不祥事」が
後を断たない。

その不祥事の中に、安部内閣本人が、森友 加計問題の中心と疑われ、
荒れる国会会議のさ中、北からのミサイルが空を飛ぶ。

そんな渦中、抵抗勢力である野党や、
全く別な事を言い出す某党の代表などを巻き混む、
「解散」そして「衆議院選挙」、
小池氏率いる「希望の党」に魅せられた野党の分散、
更に対立を想定し、
また
希望の党は、要は「国会」と小池氏を結ぶ、確実な「紐付け」と、
安部内閣は先を見たのだろう。

逆に、TV党首討論を見ると、野党となる出馬者の中で、
我が身の危うさを心底震える人が多いと思える。

小池氏には、国政まで出てくる「余力」は無い。

全て、今が「チャンス」として
安部内閣は解散と動いたと推測する。


画像342.jpg



【衆議院選挙勝者は?】
ズバリ自民党。
それも、安部政権の返り咲き。

画像345.jpg


要は、安倍氏が想う国民の「命」とは、北からの自衛。
ミサイル一発を日本国内で落ちたら、どれだけの命が亡くなるだろうか。
それを問題に取り上げているのは、安部氏が世界情勢で日本では、
さすがにトップであり、その実績は高いと言えて説得力がある。

小池氏が食の「安全安心」を正義にして都民の心をつかんだように、
安部氏は、命の「安心安全」を正義にしている。
似ているようでも、全く重みが違う。

小池氏単独を特に比べる訳ではないが、
衆議院選挙において、改めて考えると、国内規模と世界規模では、
その情勢の難しさは
「にわか政党」では、まず荷が重いだろう。 
「国民」が、どれだけ「不祥事」でガッカリさせられても、
自民党安部政権への「実績」は、
確かに重たすぎる。

衆議院選挙にトランプ氏も安倍陣営の応援に駆けつける。

それらを理由に、
衆議院選挙勝者は、自民党と予想します。

そして、憲法9条が意味変わり日本軍が編成される事になる・・・
付け加えてトランプ氏も、世界も笑う。
↑を、望んでいるワケでは無いけど、
北の動きから、世界の動きや時代の流れに、
直面している。

北が、次は「太平洋」と言っている。
実施されたら、全世界各国の脅威となる。


そう、それから笑えなくなる。

この緊張感、かなりヤバい。





竹虎でした。

この記事へのコメント