ナゼ 日本が北の標的になるのか? ホントの理由がコレだ!



北が「せとぎわ外交」を駆使し、北の独裁支配から成る先代の「やり方」が「人質」だ。

本来、朝鮮である南朝鮮は、
朝鮮戦争から停戦状態であり、
現在の韓国が、その南朝鮮でした。
隣接する国ごと「人質」とすれば、国連から北への武力行使の時、人を楯にしてくる北の戦法は、まさしく韓国を楯にする。

自ら、人質を無くす行為には成らず、見せしめとして狙うのが、日本となる。

だから、8月29日の北のミサイル発射を、静かに見送ったのは合同演習をしていた米韓であり、発射されたミサイルの燃料は液体燃料だった事から、27日には北がミサイル発射の準備を行っていた事は、すでに分かっていた事になる。

北の目標は「グアム」近海と、誰もが予測し、防衛ラインを強化していたが、ミサイルは実際は青森と北海道の境上空を通過した。

そう、アメリカや韓国は、自分たちの国へ直接攻撃でない事で見送ったんだ。
実害がないから、米韓は演習も続行した。

平和ボケの日本は、そんな事も知る余地もなく、未だに標的は南の方だと、アメリカと肩を並べている。

そんな状況でも、平和ボケすぎて、日本独自の防衛ラインもひかず、アメリカにすがり頼りきり、国民を危険な状況においても、まだ日本が何よりも危険な位置に立っているか?
評論家すらボケまわる自体。

そんな「隙(すき)」だらけの日本を、見せしめにするには、北は簡単な事だろう。

日本は、やられてから、実害が起きてから、迎撃を開始するだろうが、それでは遅い。

北をシメたとこで、なんの保障を北から取れるのか?
ヤラレ損は、いつも国民だ。

29日が北をシメるチャンスだった。

1503975686030 (2).jpg
↑更なる圧力って何だよ? 何が他にあるんですか




米韓が見ている前で、日本はミサイルを迎撃するどころか、
見送ってしまった。

それが出来ないから、アメリカや韓国だって、ドン引きするでしょ。

そんな怒らない日本だから、北は余裕で日本を標的にして、この先もミサイルは、ヘタレ日本へ向くだろう。




※「判断するのは貴方しだいです」

・真実を公表しないのは、先進国だからです。

・先進国として代表する物は、主に自動車・家電品等がトップに挙がります。
発明や科学、先進国こそ車や電気メーカーがあり、発案から具現化されて世界に送りだしています。

その他国は「コピー商品」であり、独自の自動車や家電のテクノロジーを持っていません。

・第二次世界大戦で、アメリカ対日本が三年にも渡った戦争は、
全て双方のテクノロジーの戦争でもあり、10対1の人との戦いでもあったのです。

・そう、日本は数では10倍のアメリカと3年も戦闘し、貧しい資源の波に飲まれ、衰退したのです。
・その日本人の優秀な「こころざし」と「士気」が、対まみれるアメリカ軍からは
「驚異」であり「恐怖」でもあるんです。

アジアでは、ブッちぎりの「日本」であり、軍事力(兵器)・産業力は、
アジアの他国は足元にも及ばぬ数値だったのです。

その過去の戦闘民族であるかの日本を、名指しで戦後から、アジア番外国が攻めてきている。

その代表格が「北」であり、
言ってる事は、アジア国らと変わりはしない。
もちろん全てではないですが。

俺は、人を差別してバカにしている訳では無いです。

戦争当時を比べたら、ソレ位大差があって、その差は国の指導者の「考え方」だったと思う。

現在のコピーテクノロジーレベルを平均な「エコノミー(経済)」と信じ込ませ、
そのコピー元を根こそぎ抹消しようとする様子は、
いずれ、発展にストップがかかり、上に放った矢の様に、自分の頭上へ突き刺さり、
また番外国へと落ちる事だろう。

また、そうした未来が予測できる者が、アメリカがドイツにした様に、日本の科学者発明家
テクノロジー全て欲しくて攻撃してくるのだろう。

そして、やはり軍事産業または原油大国の
寝ててもエコノミーが安定しているアメリカやロシアが兵器と「お金」にモノを言わせ、
もうけているのが実体だろう。

…。





この記事へのコメント