【アミノ酸】サプリで下痢になる。 HMB 他それぞれのアミノ酸系サプリの摂取量と便秘解消



食べ物は、通常「胃」で消化されて「腸」で吸収します。
排泄までの過程で、
食べ物の栄養分等は多様な「アミノ酸」として、
分解され結合して体内を流れて多様に「仕事」をして、
消費します。

1502778635550.jpg



アミノ・サプリメント系の食品(食べ物)は、
前記の過程を得ずに「アミノ酸」として摂取するわけですから、
「胃」では消化されません。
その為、吸収から排泄まで一気に進むのでが、
それには相当な「水分」が必要になるんです。

アミノ酸自体を摂取した場合、吸収の早さが仇となって、
大量な水分を必要とする為に下痢をしてしまうことがあります。
胃を急速に通り抜けて、小腸での濃度が急速に高まるため、
「浸透圧性下痢」を引き起こしてしまう事が有ります。

1502778641963.jpg



最近では、噛み砕く食事より、
その栄養分等に重視し、
食物の量を食べるより、
サプリメントで小さく食事する「栄養補給」が「アミノ酸化食品」が目立ちます。


1502778623484.jpg


アミノ酸でも、多種多様に何種類もあります。
野菜や肉、骨や鉄分などの
「アミノ酸」を同時に摂取する事により、
1つのアミノ系サプリの摂取量を守っていても、
「摂取量」が他のアミノ系サプリと加わって
「過剰摂取」となってしまうんです。


1502778617386.jpg

【コレ➕コレ】

アミノ系サプリには、1日の摂取量が記載されています。

そのサプリの摂取量(アミノ酸)と他のアミノ系サプリの摂取量を
加算する事を想定していない摂取量な訳です


各サプリ同士がアミノ系だった場合、
その1日の摂取量は倍化されて、腸や大腸は大量の水分を必要とし、
動きも活発化して、下痢が収まりません。

1502778629281.jpg

個人差があるので、摂取量の調整が必要ですね。


【下痢の利用価値】

食中毒等ではなく、「腹くだし」の症状なので、
「便秘」のヒドい人には、
アミノ酸による下痢は「良薬」になるかもしれません。

また逆に水分補給をしないと極度な便秘にもなります。
極度な便秘による嘔吐や胃・腹部の不快感にも関わります。


過剰摂取したアミノ酸が排泄するまで、
下痢として体内の水分が過剰排泄するので、
水分補給をしてください。
その時は、
アミノ酸系は避けて常温の「麦茶」の方が良いでしょう。


【スポーツドリンク】

夏場の下痢も、アイスクリームや冷たい食べ物、
冷たい飲み物、特にスポーツドリンクは要注意です。

先ほど同様、
スポーツドリンクにはアミノ酸系が多く、
アミノ酸系過剰摂取の確実性の高い下痢になります。

水分補給は塩分と糖分とは限らず、
程々で常温の「麦茶」をオススメします。





竹虎でした。

この記事へのコメント