【尊厳】 戦後の昭和育ちの人 後半の昭和の人 平成ゆとり世代の人


話しが合わない家族 職場 人間関係。

【感謝】を口に出すか態度で出すか。

「尊厳(そんげん)」とは

辞書等では

尊く、おごそかで、犯してはならないこと。
気高く威厳があること。

と、書いてある。

尊く…
おごそか…
気高く威厳… 。

そんな「想い」や「気」は、
生きてきて、普通に感じるだろう。

感じないってのもアリか…。
そう尊敬できて、感謝の気持ちを抱く前に
「感謝しろ」って言われたら、
素直になれないね。

天邪鬼(あまのじゃく)?
そうかも…。


でも、それを「クチ」や「態度」で、いつから出ました?

例えば「ありがとう」。

他人には、見える「表」に対して「社交辞令」で、
教わったままのキャッチボールで言ってませんか?
ズバリ人間付き合い
真剣に ならずにいられない雰囲気…。

それで良いでしょう。


では、家族だったらどうでしょう。

反抗期(思春期)を迎えた中学あたりから「ありがとう」って、
言えなくなった自分がいませんか?

実のところ、
そんなモンですよ。

心で思っていても、テレくさくて言えなくなっているんです。

羞恥心…とは、よく言ったモノで、
それを感じるほど刺激的な
思春期の仲間と、
臭い仲の家族とは、
生態から「別」に位置して、
特に、ゆとり世代の平成産まれの人は、
戦後育ちの昭和の人とはギャップが有りすぎて、
「尊厳」すら重たく人間臭く感じるんです。 

オシャレではなく、泥臭い…みたいな。
でも、仲間との「泥臭い」は違うんです。

親や、ばーチャンとかに
余計に素直に、一息ついた余裕も無く、
トゲトゲしく言いはなつ場合が日々多いんです。

コッチも押せ押せで忙しいんです。

そんな態度を受ける戦後育ちの人(家族)は、可愛いさから、
その子の行動が目に付き、
何かしてあげたくて、呼び止める。

これが会社組織だと、雲の上の人なんだけどね。

感謝の気持ちが、裏腹な態度を作ってしまうんだ。

「うるせー!」って。

そんな間に立つ、"60年代昭和産まれの人は、
マンガや映画の「不良世代」の主人公面から、
平成産まれの人からはキツく煙たがれる。

それはバブル時代と同じように、今では無い世界。

原宿の「ホコ天」「竹の子族」「ロックンローラー」
「暴走族」「窓ガラスの無い校舎」
「私服警官のいる卒業式」

全て「自慢」に聞こえる。

地方の田舎の人が、地元で都会の人の話しを聞くようなモノ。
よく似ている。

でも、その不良世代を、
らしく生きてきた昭和世代の人を、うらやましく見ている。

なぜなら、昭和世代の人は独創的だから。

まるで
「中学生」で時間が止まっているかの様な「思想レベル」。
忍耐力や冒険心は、イケイケで筋金入り。

本当にヤっちまう。

時には、危なくて親でも付いていけない。


でも、そんな不良世代の人は、戦後育ちの昭和の人を、
煙たいし、あつかましいけど
尊敬している。

それは、日本人だから。
それは、大和魂だから。


でも、同じように出来ない「タフ」さがある。

会社では上層の不良世代の人。

ムカつくと、すぐ警察沙汰。

よく生きてられるよな…。


ゆとり世代の平成産まれの人は、そう思っている。


では、ゆとり世代の平成産まれ人は、どうなんだろう?

何が?

今。


良いねって言われる世代。

これがムカつく。

何でも有っていいじゃん!

だからムカつく。

サムライって言うけど

それって、明治時代に国が「廃刀令」で
職を失ったサムライから刀を取り上げて
終わった過去でしょ。
映画『るろうに剣心』も全て空想じゃないし。

画像39.jpg

なら、ちょっと楽しいトコに行けば、
外人やソレ系の人らがイチャイチャ。
デリカシーもなく、見せつけるほどに、
程度無しのカップル。

それを横目に、欲求不満のオタクみたいなのが、
子供相手に殺気立て「ヤるんか?」とカラんでくる。

ガキだと思って、真顔(まがお)で与太(ヨタ)りやがって。

いつか殺(ヤ)ってやるから、
待っとけボケ!

事件もキッカケは「弱い者いじめ」。

イカれた奴らで「平和ボケ」を
見せつけられるコノ平成時代に、
戦後育ちの昭和の「今スグみたいな」
短気なジーちゃん バーちゃんの
「しつけ」はムナしく届かない。



そんな世の中から帰宅したら、
秩序やルールが待っている。

「俺(私)だけかよ?!」



日本の伝統や文化の中身が、
こうして崩れて行く中、
これが「平和」なんだなーって、過ごしている。


戦後育ちの昭和の人も、
後半の昭和の人も、
ゆとり世代の平成の人も、

それぞれの「苦労」や「人波」が変わって行く。



中学の先生も言ってたけど、
今だって素直に「ありがとう」って、
ムズかゆくて言えないらしい。

それでも「心」では、感謝している。

今日もまた「親に向かって💢」や
「バーちゃん」に向かって💢ってとか、
「うるせんだよ💢」とか
怒鳴り合う。

山でもあれば、コダマする。

そんな「仲」も、ホントにイヤだと思っても、
家族だから、許される仲なんだな。


どの「世代」でも、やった者勝ち。
だからって、
決して社長や成り金(なりきん)を指してるんじゃない。

目標を探す事は=夢を探す事。

それで、自分にも感謝する。
その時、まわりにも

クチに出した時、大人なんだろうな。

尊厳・・・
その中でも「なりたくない奴」に
成らなきゃいいさ。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック