【更年期障害と主な症状】女性にとっては辛いもの、男性にもあるんです。 





【更年期障害と主な症状】

気候の変化が大きい春は、ホルモンバランスの乱れから体調不良を起こしやすい時期です。
体温や心拍数などの調節機能がうまく働かず、よく風邪を引く、
疲れがひどい、眠れない、イライラするなどさまざまな症状がみられます。
原因がよくわからない体調異変が続くときは、更年期障害の可能性を考えてみましょう。
ちなみに、更年期とは一般的に40代後半から50代後半を指すことが多いのですが、
非常に個人差があります。


●女性と更年期障害

女性には、閉経の前後に女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少することから、
更年期特有の症状がよくみられます。ほてりと発汗(ホットフラッシュ)、
冷え、イライラ、めまい、動悸、息切れ、頭痛、疲労、不安、不眠、憂うつ感などが代表的な症状です。
これらがいくつか重なり、
検査をしても個別の原因がはっきりしないため「不定愁訴」ともいわれています。
なかでもホットフラッシュは、急にからだが熱くなり汗が止まらなくなる症状で、
女性に多くみられます。冷えやめまい、頭痛、不眠、不安なども目立つ症状です。
これらは、エストロゲンの減少が自律神経に影響を及ぼし、
さまざまな調節機能が乱れることで起こる症状です。

またエストロゲンには、悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を予防したり、
骨を丈夫にする働きがあります。


●男性と更年期障害

更年期障害は従来、女性だけのものと思われてきました。
ところが最近は、
中年男性にもよく似た症状が起こることがわかっています。
男性の場合、
加齢によって男性ホルモン(テストステロン)が減少していきます。
女性のエストロゲンほど急激な変化ではありませんが、
それだけ症状が自覚しにくいともいえます(*1)。
手足の冷え、イライラ、動悸、息切れ、不眠など、
女性と共通の症状がみられますが、なかでもとくに多いのは、
疲労感や倦怠感(だるさ)です。疲れがなかなかとれず、
体力が落ちたと感じる人が少なくありません。
また、仕事や趣味に対する意欲や気力がなくなる、
といった症状もよくみられます。
テストステロンは活力や積極性の源泉となるホルモンだけに、
その減少が影響していると考えられています。
また、性欲の低下やED(Erectile Dysfunction:勃起障害)も
目立つ症状です(*2)。
個人的な問題だけに人知れず悩み、自信を喪失したり、
疲れや年齢のせいとあきらめてしまいがちですが、
実は更年期障害のひとつであることが少なくありません。

テストステロンの減少によって前立腺肥大症を起こしやすいことがわかっています。
そのため、
さまざまな排尿障害はひとつのサインとみることができます
(排尿に時間がかかる、勢いがなくなる、
残尿感がある、頻繁にトイレに行くなど)。
また、テストステロンは発毛とも関係しているため、
個人差はありますが、
その減少によって脱毛が起こりやすい傾向もみられます。

(*1)テストステロンの減少程度は個人差が大きく、
更年期に相当する年齢も40~60代と幅広いことも特徴のひとつです。

hんdrjjyjimage.jpg



(*2)ED(勃〇障害)とは、性〇機会の75%(4回に3回)以上に、
勃〇が不十分なために性〇(挿入など)ができない状態をいいます。
テストステロンの減少に加え、ストレスの影響も大きいことが知られています。

以上引用
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/22.html



就寝前にウォーキングなどの軽めの運動をして、
からだを適度に疲れさせると眠りやすくなります。
ストレスが続いている時は、ストレスホルモンなどの影響で呼吸が浅くなり、
血液の流れも悪くなっています。
ウォーキングや水泳などの有酸素運動は、呼吸を深くし、血液循環もよくするので、
定期的な運動を取り入れることも更年期障害の解消に役立ちます。


更年期の性〇活、女性にとっては辛いもの

決して一人で考え込んではいけません。

悩みを打ち明け、そして時にはそっと包んでくれるような男性が側にいれば、
心身ともに安定できる時間は増えるはずです


更年期克服へのステップアップをするのはいかがでしょう。



竹虎でした。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック