バイク 限定解除「教習所」で取った! 上等だろ




限定解除で、東京なら
A、「鮫洲」1発で挑戦して何回で取った!

で、君は?

B、俺は教習所で取った。

A、は誇らしげに言う。
B 、は、聞かれたから答えた。


こんな、会話を耳にした事は無いだろうか…。

そう、だからどうした?ってな話しだ。

限定解除1発で行こうが、教習所で取ろうが、結局は同じ免許。
教習所で基礎を、再度勉強したか?
あるいは、俺はハーレーだからニーグリップしねぇーし、
一本橋だって、スラロームだって、しねぇーし。 って事だろうか?

価値観のちがいだろうが、だからどうした? って空気が残る。 
なんとなく不愉快なAの優越感。
いっぺんブッ飛ばしてやろうか!って気にさせる。

では、大御所のアーティストらは、その辺りはどうなんだ?

普通免許取ったら、オマケで付いてきた限定解除。

昭和の初頭、自動車会社のスカイライン、
最高時速は125キロと言ってた時代、ノーヘルで走れたバイクの性能は、
それこそオマケ程度だったろう。


1493891290427 (2).jpg


「古い時代がルール」
免許にも、人がのさばる「当時」が優位。
当時と言っても、砂利道が主流な道路で、
何が当時だか理屈にあわない。

そんな当時を棚上げして、
免許でさえ優劣を付けたがる者の、小心さが「俺は1発」だ。
良い子になって、さぞかし試験官にゴマすって、コース覚えて、
日時を重ねた事でしょう。

気が短い人は「教習所」。
毎日通えば1週間で限定解除だ。

Bの立場の人は、
「俺は1週間で限定解除だよ」って笑って言ってやろう。

バイクの世界はワイルドな世界。 
良い子になれないから、金で時間を買ったで良いじゃん。



これからバイクシーズン!

多いに楽しもう。


竹虎でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック