なぜ進学するの? 学歴って???






小学校 中学校 高校 大学
あるいは、専門学校 就職…。
学歴って???

そう、学生なら誰でも考え悩む事だろう。

なぜ進学するのか?


【学歴はなんで必要?】
それは、
1、ブラック企業に就職しないため。
2、就職での条件があるから
3、出世したいから。
4、お金と将来の保障があるから





1、【ブラック企業に就職しないため。】

■ブラック企業とはアルバイトを含む全ての「雇用(人をやとう)」に対して、
実労(実際に働いた)した時間通りの賃金(給料)を払わない。

時間外労働(残業など)の賃金を払わない。

ボーナスが無い。

各種保険に加入していない。

契約外労働をさせる(サービス残業)。

就学(学生の場合)優先にしない。

有休が無い。

等など「会社」として、そこで働く者に対し、
労働基準をまったく無視し、労働者を捨てゴマのように扱う悪徳企業を指す。

■その様なブラック企業の職種は、
24時間営業店や 建築関係 輸送関係 大企業でも有る。
また、それらが多い。

大企業では、最近では「電通」で自殺者まで出す、
サービス残業をさせる事件も起きた。



■就職する雇用募集を、学校から照会してもらう。

中学校から、その雇用募集のシステムがあり、
夜間定時制高校へ進学する生徒が、日中働く会社に就職する事ができる。

就職、就労の時間は登校時間に合わせ、短い。
これは、就労しながら学生援助する企業のシステムで、
学生アルバイトは全て、就学優先と労働基準で約束されている。
 
なので、就学を後回しして就労・残業させる事はできない。


他 労働基準法第56条を検索してね。


スナップショット- 40.png


2、【就職での条件があるから。】

「学歴が入社のパスポート」

■入社の「資格」として、「学歴」が問われている場合、
その学歴(見込み)を持っていなければ、入社(内定)できない。

その場合、学歴問わず(中卒)や、高卒以上 大卒以上 
など、入社の条件にあげてある。

特に、出世や「長」に就きたい人は、大卒を勧めるが、
大卒でもトップが東大なら、他大卒は、その次うしろに位置するだろう。



3、【出世したいから。】

■出世は、大卒が1番?

大卒でなくても、社長なら、学歴は関係無いだろうが、
「営業」を目的とした「会社」には、
プラン(計画)を考案(案件)する者が必要であり、
その案件を現実的にシュミレーションさせ、
規模の大きさで「お金」が動く。
その案件を「説明」したり、投資参加者を探したりする者を、
一般的に「サラリーマン」と呼ぶ。

上記が全てではないが、
その様な「思考」や「常識」が、学歴において
「優れている(優秀知識)」と、1つの判断として「大卒」が優遇される。


「上司の見る目」

■学歴が必要なのは、先に述べた優秀な知識の持ち主が、
上位に立ちやすいが、
大卒は、世間に対して「芽」を出すのが「遅い」。

それが「大卒」の「弱点」。
これは「クセ」になってしまった「秘密主義」から、
周りから「信用」を得られない、
「信用」できない人間不信…みたいな、
「癖」が、長年の進学生活での環境で身についてしまった「弱点」。 
これは、自分を信じるしか 他無いだろう。


■では、中卒はどうなんだろう?

大卒での悩みが人間不信。
中卒では、これまで社会から人間不信は学んでいる。
だから、大卒から中卒を見ると、
別次元の下等生物(一部の人、すみません)に見えるだろうが、
不思議と「しあわせ」に見える。

出世以前に、不安定なブラック企業に行き交う、
下級次元のヤツが、なんで「笑ってんだ?」。 
愚問だが、エリートには分からない「しあわせ」。
平社員だけど「ヒラ」の世界が「しあわせ」に見えてしまう。 

そんな、「上司」から、実は「ねたまれ」るのが、
平社員の「笑い」なんです。

そりゃ そうです、平社員ですから「貫禄」なんか必要ないけど、
何かと相談を受けるのが、万年平社員なんです。
中卒の万年平社員を踏み台にして、
高学歴の人は出世して行きますが、万年平社員の人は、
シッカリ新人教育をして日々一人立ちさせて、
上司へと「卒業」させてます。

中卒には中卒者である「理由」を持てば、
理由は「踏み台」である事を心得ている「いさぎよさ」です。
これが、人間不信の大卒と潔さの中卒との違いでしょう。

恵まれない環境や、片親、友達の裏切り、仲間はずれ、ケンカ、暴力、賠償問題、非行…。
早いうちから体験しているから、人に「期待」はしていません。 
でも、救いを求めてくるヤツを、
敵でも救うのが中卒のバカなトコでしょう。

そんな「駆け込み寺」の様な魅力が、
中卒にはあるんでしょうね。


「高卒」

■高卒の人は、世間では一番多いのでは…。

それに、一番「中堅」で、人脈が多い人と少いで別れるのも高卒だと思います。

流行やテレビに影響され、特に女子校は「コンプレックス」の塊の人が多いかと…。

男子校は、平成生まれから「ゆとり世代」と世間から言われ、
中学の日々の仲間を思い、意外と「孤独」の人が多いのでは…。

中間管理職に就き、人間関係では唯一「趣味」で構築した方が、平和でしょう。


4、【お金と将来の保障があるから。】

■これから、どうする?

これが、問題!


苦手な「英語」が、良いでしょうか。
英会話一本でも、職につけます。

絵やマンガが好きなら、堂々と「広報関係」が良いでしょう。
色彩やイメージを「広告」に活かす職業。 向いてますよ!

保育士なら子供に教える事、いっぱいですね。
空手マンなら、形(カタ)見せたら、子供たちから
憧れのヒーローになれます。

マンガ家も、良いですね。
マンガ家になるには、ストーリーを想像して、ストーリーを文章にして、
作成する勉強をしよう。 それが「脚本」のきっかけ。 
ストーリーとキャラクターを作成して、短編から始めよう。


結局お金と将来の保障があるから

仕事ですから「好き」な世界を選択する事が大事

お金も大事だけど、お金は3番目以降でしょう

好きな事をして、続けていける世界で、稼ぐのが理想なら、
自分を信じて、好きな世界でプロになる。

お金は、自分が頑張ったあとから、付いてくるんだ

そして、先に「苦労」や「試練」を乗り越える「根性」が
もっとも大事
これは、学歴問わず「チャンス」は誰にでも
必ず、やって来るから。    


進学もイイけど、今のバイトでのトコに就職だって、
向いていれば良いでしょう。

お金目当てでの「仕事・就職選び」は、続かないのが現実でしょう。


目的をもって、
何がしたい!
何になりたい!

と、夢をもっての1本勝負で、自分を信じて
を頑張ろう。

人生は、一生「勉強」です。
その勉強の一部が学生生活「就学」なのです。

どれだけ、社会貢献できる人が、
必要とされています。

趣味や特技を活かして、今を頑張ってください!




竹虎でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック